読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイコロふってコマがすすむ

今はアフリカ日記がメイン たまに他の内容も (アフリカに関しては記事に詳細情報を入れないので何か御用の方はコメントください)

第33日目 アフリカ最北端で将来の暗示か運の貯蓄か

 

10月10日 チュニジア ビゼルト

 


今日はチュニジアでの1番の目的
アフリカ最北端!
筆者はこういう最端が大好き

 


朝起きて昨日下見しておいたバスステーションへ
少し待ったが、順調に拠点の街ビゼルトに到着
ここからガイドブックに載っている最北の地ブラン岬へ行く

 


今日中にはチュニスに戻りたいのであまり時間がない
とりあえずお昼ご飯を食べて、乗合バス乗り場を探す

 


両サイド危険な国に囲まれている上に、特にこれといった大きい観光地もないチュニジア
そしてそこのただ最北の意味があるだけの所へはあまり誰もこない
観光地としてほとんど整備されていない所に行くのもまた一興である

 f:id:likedislike:20161015040728j:image


聞きまくってやっとブラン岬に行くための乗合バスに乗り込む
最寄りの場所で降ろされるともう地の果て感
そして降り出す雨…

f:id:likedislike:20161015040706j:image

f:id:likedislike:20161015040712j:image

 


10分ほど歩くとそこにあるなんてことない岬
雨が強くなってきた
マップで確認すると
あれ?まだ最北じゃない?
もう少し向こうに最北があるではないか
ということでそっちの方に歩いていくと
絶対入ってはいけなさそうなところが
キケン、通行禁止と書かれている
でも開いてる…
フリとしか捉えられない門を越えて少し歩く
明らかに軍事用の場所
これはさすがにダメだと思い引き返す
この頃にはもう土砂降り
何より雨がきつすぎる
あまり最北に感動する間も無く撤退

 f:id:likedislike:20161015041844j:image

f:id:likedislike:20161015040747j:image

 


すぐ近くにある作りかけの家のようなところで雨宿りさせてもらう
すごいザーザー降り
バケツをひっくり返したようなは今

 

 
寡黙なおじいちゃんと一緒に雨があがるのを
待つ
びしょぬれでかなり寒い
その建物の中から出てくる他のお兄さん
少しお話ししてビゼルトまで連れて行ってくれることに
車に乗り込む頃にはもう雨は止んでいた
岬にいるときにちょうど1番降っていた
そんなもんですよね

 f:id:likedislike:20161015040803j:image

 

 

なんとかまあ一般人としていけるアフリカ最北端は達成!

 


それから震えながらなんとかチュニスまで帰還
今日もイタリアイケメンと夕食
今日は筆者が奢る番

 


チュニジア1週間を残し、首都チュニス付近の観光をほぼ全て終えてしまった
これではただ時間を無駄にしてしまいそう
そこで!南部、サハラ砂漠まで行こう!
先日の日本人に言われて思いつきました
ほんとうにありがとうございます
全て5年前のガイドブック通り時間通りなら問題ない、みっちりプランをたてる
少しでも交通状況が狂えば次の飛行機逃しかねないけど、とりあえず明日から南部行ってきます!

 

 
予定を考えた後は、シャワーでしっかり温もり眠りました

 


これからの4ヶ月アフリカ旅行でいけるところを全て見渡せる最北端でちょうど豪雨
これは将来の暗示か運の貯蓄か

 


今日のツッコミ

ハンターハンター

f:id:likedislike:20161015040938j:image

第32日目 バルドー博物館、同じ宿のイタリアン

 

 

10月9日 チュニジア チュニス

 


今日は以前テロのあったバルドー博物館に行って、夜は筆者以外の宿利用者イタリア人と夕食

 


ゆっくりめに起きてバルドー博物館へ
中心地からはメトロという名の路面電車で行く
さすがにしっかりとしたカバンチェック
しかも2回

 


チュニジアの遺産、主にモザイク画が展示されている
地面にも展示?されているので靴カバーをつける
展示物もすごいのだが、何より建物自体がめっちゃきれい
これまた白塗りで清潔感ある内装
モザイク画に関してはよくドットでここまで表現できたなあと思う

f:id:likedislike:20161012214529j:image

f:id:likedislike:20161012214535j:image

f:id:likedislike:20161012214541j:image

f:id:likedislike:20161012214546j:image

 

 


人並の感想を持って終了
宿に戻る前に次の日に利用するバス停を確認しに行く
見ておいてよかった、少しややこしい

 


そこから距離はあるが例のごとく歩いて帰宅
帰って少し昼寝

 


起きてイタリア人と少し話す
晩飯を一緒に食べに行くことに
この宿には人がほぼいない、このイタリア人と筆者とたまに他の観光客1人2人といった感じ
イタリア人はアラビア語勉強のためここに住んでいる
イケメン長身いい性格
そんな彼と晩飯
会話はフランス語、お互い流暢ではないのでいい練習

 


夕食は名物クスクス
量がかなりあって、思ったよりべちゃっとしてるなというイメージ
野菜いっぱいなのがよかった
そして彼にご馳走になりました

f:id:likedislike:20161012214603j:image

 


帰ってまた少し話して就寝

 


今日のツッコミ

飲酒乗馬

f:id:likedislike:20161012214624j:image

第31日目 カルタゴ遺跡

 


10月8日 チュニジア チュニス

 


なんと今日で旅行して1ヶ月!
こんなに旅行してることよりも、こんなにブログが続いてるのが驚き
日記なんてこんなに長いこと続いたことないのに

 


そして今日はカルタゴ遺跡
チュニジアの1番の観光名所かと

 


朝起きて電車にのって30分
メインの駅に到着
カルタゴゾーンにいろいろな遺跡が広く点在しているのでかなり歩く

しかし天候は汗ばむけど涼しくてどこまでも歩いて行けそうな感じ

f:id:likedislike:20161012213239j:image

 


ここらへんは高級住宅街
テニスクラブもある
芦屋みたいな感じ
金持ちのボンボンがウヨウヨ

f:id:likedislike:20161012213033j:image

 


そして建物がいちいち綺麗
白塗りと青い扉
地中海のあの景色
たまにある赤い花がいいアクセントになる

カルタゴ遺跡は 哀しからずや 空の青、海のあを、壁の碧に染まずたたずむ
拝借して詠みたくなるような景色

f:id:likedislike:20161012213054j:image

f:id:likedislike:20161012213230j:image

 


遺跡自体はまあまあ
でも何と言っても遺跡を含めた海と街の景色がとにかくよい
観光客がかなり少なかったのもよかった
よく遺跡に1人みたいなこともあった
ほぼ廃墟の遺跡で少し残された柱とかから脳内CGで復元を試みるけど情報なさすぎて無理でした

f:id:likedislike:20161012213108j:image

 

 

 

昼飯も食べずに3時ごろまでずっと歩いた
帰りの駅でついに出会うチュニジア第一日本人
やっぱりここまで来る人は経験がすごい
この方のおかげで東欧に俄然興味がワクワク

 

 

この人と夕食、チュニジアのビール、チュニジアの赤ワインをいただく
ご馳走になりました!
ビールはラガーで軽めな感じ
ワインはさすがに種類を多くて悩んだけど、よく売れてそうなやつを飲んでみた
この方の経験と知識からのお話がかなりおもしろかったです
雰囲気含めてうまいワインでした

f:id:likedislike:20161012213144j:image

f:id:likedislike:20161012213147j:image

 


少し遅めに帰宅してすぐ就寝

 

 

今日のツッコミ

薄めのドラエもん

f:id:likedislike:20161012213217j:image

第30日目 アフリカ?イスラム圏?フランス語?

 


10月7日 チュニジア チュニス

 


昨日やっと気づいたチュニジア時間過多
とりあえず街を把握するために今日はチュニスをゆっくり散歩

 


朝起きて宿の朝食を食べる
と言ってもパンとジャムとコーヒーだけだが

 


さっそく街にでる
まずは昨日悩まされたメディナを歩く
ガイドブックに載ってる大きなモスクを目指す
歩くと昨日とは違いいろんなお店が並ぶ

このメディナきれいすぎ

細い路地と色合いとめっちゃいる猫

お気に入りです

f:id:likedislike:20161012211354j:image

f:id:likedislike:20161012211433j:image

f:id:likedislike:20161012211439j:image

 


そしてあまり迷わずモスクへ到着
中に入るのはムスリム限定なので外から見る 

 


そこに声をかけてくるおっさん
怪しい
でもチュニジア人いい人説は濃厚
ちょうど行きたかった屋根からメディナを見渡せるところまで案内してくれることに
行ってみるとなんと普通のお土産屋さんの屋上
それでもいい眺め
帰り際にお金を請求される
今回は払いました!
なぜか、それはしっかり最初にこのおっさんがお金かかるよって言ってたから!
この言葉さえあればね、エジプト人

f:id:likedislike:20161012211510j:image

 


そこから迷いに迷ってメディナ脱出
新市街の方を歩く
そこはもうほとんどヨーロッパ
フランスのスーパーとかブランドとかがたまにあって、少しノスタルジー
カトリックの教会もある
イスラムの国だけど暮らし方とかがかなりヨーロッパ
もはやアフリカではない

f:id:likedislike:20161012211602j:image

 


おもしろかったのがフランス大使館の厳重な警備
街中で迷彩服、ぐるぐるしてる有刺鉄線

写真禁止だったのでネットにはあげません

 

 

歩いてるとチラチラ見られる、エチオピア、エジプトよりもよく見られる気がする

 

 

そしてある少年に声をかけられる
日本が大好きだと力説する19歳
その子と少し一緒に歩いて、図書館に連れていってもらったり、おすすめの食べ物教えてもらう
やはりアニメの話で盛り上がる

 

 

偶然その少年の友達と出会う
そしてその少年は予定があって去っていき
新しい友達と一緒に歩く
16歳の女の子2人
英語を流暢に話す
同じようにぶらぶら歩き、クレープを食べてお別れ

f:id:likedislike:20161012211841j:image

 

 

そういえばこの女の子2人とんでもないことを提案してきた

先日友達が思いついた暇つぶしだというのだが、発想がすごい

6つの小さい紙を用意して、そこにビンタ、ハグ、ほっぺにキスを各2つずつ書く

それを街中の人に引いてもらってそれをやってもらうというゲーム

なんだかんだで例えとしてこの子からハグされただけでこのゲームは流れたけど、怖かったようなもったいなかったような…

イスラム圏でこの大胆さがかなり驚きでした

f:id:likedislike:20161012212357j:image

 


めっちゃ歩いてめっちゃ話したので宿に戻ることに
昨晩と違い店が並んでいるのでメディナの見た目がぜんぜん違っていて、迷う
やっと宿に着いたらそのまま昼寝

 


起きるともう夕食の時間
昨日とは違う店で、昨日と同じ料理を食べる

 f:id:likedislike:20161012211823j:image

 


チュニスに来て思ったのは
みんなそこまでフランス語が流暢ではない
訛りがすごかったり、そもそもあまり話せないない人もいる
よく考えたら母国語ではないので当たり前だが、チュニジアの人はみんなフランス語ペラペラだと思っていたので少し驚き
これを考えるとアフリカでのフランス語汎用性もそこまで高くはないのかも

 


そしてチュニジア人、人がいい!
エジプトから来たから余計にそれを感じるのかもしれないが、とにかく人がいい
もっというとお金で揉めることがない
みんな普通に道案内してくれたり、商売している
筆者がフランス語を話すというのも少しあるのだと思うが、気持ちよい対応が多い
エジプトは観光産業に依存しているところがあるが、最近はテロやらなんやらでかなり観光客が減っている
だから今いる客からふんだくるしかない
一方、チュニジアではそこまで観光業が盛んではない
テロで観光客は間違いなく減ったが、まだまだ純粋な気持ちで外国人に接していけるのだと思う
生活に余裕がないと短期的な視点になるのは当然で、そういうのがアフリカ三ヶ国だけでもひしひしと感じる

 


今日のツッコミ

こんなところでイナズマイレブン

f:id:likedislike:20161012211754j:image

 

第29日目 チュニジア到着 この感覚

 

 

10月6日 エジプト カイロ→チュニジア チュニス

 


この日はエジプトからチュニジアに飛びます
そんなに書くことないかなあと思ったけど、空港から宿まで迷う迷う
そして意外に多い文字量になりました

 

 

朝起きてバスで空港まで行く予定だったけどちょうど祝日で道が混んでるかもしれないと言われてタクシーで行くことに
バスでも大丈夫そうだったけども

 


そして難なくチュニジアへ到着!
チュニジアはあまり最新の情報がネットなどになくて、空港から市内までのアクセスが不安
そして心配事は現実に

f:id:likedislike:20161012210844j:image

 


公共バス乗り場の表示に従ってバス停で待つ
しかし行きたいところのバスがこない
チュニス空港からチュニス中心地に行くバスがこない
なんでやねん
いろいろ聞いても場所は間違ってないみたい
日本みたいに正確じゃないのよ、と言われるがそれにしても来ない

 

 

そろそろ暗くなってきたしタクシーに乗ろうとしたけど、なんかぼられてるような気がする

 


そこらへんに座っていたお姉さんに話しかけると、その人も中心地に行こうとしてるけどバスの場所がわからないらしい
チュニジア人なのに
そら日本人はわかりませんわ

 

 

頼りになるようなならないようなお姉さんと一緒にバスを探す
もう一度タクシーの値段を聞いてみるが、さっきよりも高い

 


いろんな人に聞いてやっと見つかるバス停
空港敷地の外に出て大きい道路を横切ったところにあった
これはわかりませんわ
会った時から言っていたのだか、このお姉さんチュニジアのお金を持ってないらしい
市内までのバス代20円ほどだったし、いろいろ聞いて回ってくれたからお金出してあげたけど
どうやって帰る気だったのでしょう
ずっと筆者のことを待っていたのか?
じゃあ仕方ない

 


なんとかして空港から脱出
バスを降りると頼りになるようでならないお姉さんが、道案内をしてくれる他の普通のお姉さんを連れてきてくれた

 


こっちはかなり頼りになりそう
しかし夜だしバックパック背負ってるし警戒心バリバリでお姉さんについていく
道は単純しかもチュニス1番の大通り
ほぼヨーロッパみたいな感じ
写真からは誰もアフリカだとはわからないだろう
いろいろ建物や銅像を説明しながら案内してくれる
そしてある程度まで連れて行ってくれるとあっさり別れる
なんていい人なんだ

f:id:likedislike:20161012210913j:image

f:id:likedislike:20161012210919j:image

f:id:likedislike:20161012210928j:image

 


案内されてやってきたのはメディナ(旧市街)の入り口
ここからがまたややこしい
細い道がめっちゃ入り組んでいる
そして20時頃だったが店は全部閉まってるので、かなり暗い
ああ怖い
スマホで撮った地球の歩き方の地図しかないので、何も見ずにいつも通りだいたいの方角で歩く
たまにいる人に道を聞く
するとみんなめっちゃ親切
思ったよりすんなり宿まで着きました

f:id:likedislike:20161012210935j:image

 

 

チェックインを済ませドミトリーの部屋で一息
たまらないこの感覚
重いバックパックを背負って知らない場所
危なそうな道をいろんな種類の汗をかきながら急ぐ
そしてたどり着く目的地
心の底からホッとする
この全ての感情がたまらない
ちょっとよく旅行する人ならわかるかもしれないが、クセになる
これを求めて旅行するわけではないけど、後に振り返った時のこの感じが好きです

 


近所で唯一開いてたお店でチュニジアンファストフード?を食べる
これがまた安くてうまい、今後もお世話になる

f:id:likedislike:20161012210955j:image

 


Wi-Fiサクサク、温水適圧シャワー、中おしゃれ、ほぼ貸し切り、安い
いい宿

 f:id:likedislike:20161012211004j:image

 


今後のチュニジアでの予定を考える
そこで気づく事実
なんとめっちゃ暇になりそう
出国日は決まってるからそれまでどうしよう

 


悩みつつ今日は寝ます
とりあえず明日はチュニスをゆっくりぶらぶらしよう

 


今日のツッコミ

エジプトでめっちゃ美味しかったスイーツ

通称トンカツ

f:id:likedislike:20161012211132j:image

 

第28日目 エジプト最後の夜

 


10月5日 エジプト カイロ

 


今日は国立博物館、2回目の夜ハンハリーリ

 


朝ゆっくり起きてブランチとして昨日の残りのカレーを食べる
2日目のカレー
いい響き
昨日よりもおいしかった

 


そして国立博物館
何と言ってもメインはツタンカーメン
近くで見ても綺麗な金
これは世界的お宝になるなといった出来栄え

 基本的に館内撮影禁止なのだが、このゾーンだけ本当に撮影禁止

f:id:likedislike:20161008063259j:image

 


その他にも何体かミイラが展示されていた
このミイラだけ別料金しかも入場料の倍近く
足元見てきやがる
死体がこんなに見られるってどんな気分かなあ
途中から狭いミイラ展示室で筆者1人になってしまった時はなんか怖くてすぐ出ました
ほんとうにワアッって起き上がってきそうなほどそのままだから
何度もドッキリを疑いました

 

 


筆者はどんな博物館でもエジプトコーナーが大好き
そしてここは全てそれ
エジプトの展示物が好きな理由の1つとして
たまにめっちゃかわいいのがあるから
特にホルス神は基本的にいつでもかわいい
オススメはミイラ作る時の臓器入れ
丸っこい円柱の入れ物に動物の顔がちょこんと乗っている様はたまらない

最後のはネットから拾ってきました

f:id:likedislike:20161008063108j:image

f:id:likedislike:20161008063115j:image

f:id:likedislike:20161008063129j:image

f:id:likedislike:20161008063130j:image

f:id:likedislike:20161008063146j:image

 


2時間ほどで見終えてホテルにもどる
晩御飯はもちろんカレー
幸せです

 


そして最後はもう一度夜ハンハリーリへ
ここでエジプト名産花崗岩のキャンドル入れを買いました
そして少し足を伸ばして教会などのライトアップも見る

f:id:likedislike:20161008063326j:image

 f:id:likedislike:20161008063316j:image

f:id:likedislike:20161008063320j:image

 


明日は朝起きて空港へ向かうので今日はもうおやすみなさい

 


今日のツッコミ

スヘクタクル!!!

f:id:likedislike:20161008063333j:image

第27日目 オールドバレエカレー

 

 

10月4日 エジプト カイロ

 

 

今日のメインはオールドカイロ観光、バレエ鑑賞、そしてカレー

 


オールドカイロ観光も堀江さんに案内してもらう
オールドカイロ、簡単に言うと古いカイロ
これまたいろいろな教会が点在する

 


何より堀江さんの案内がありがたかった
あんなの1人で行ったらすぐに疲れてしまう
それぐらいいりくんだところに教会があったりした

f:id:likedislike:20161008062722j:image

f:id:likedislike:20161008062727j:image

f:id:likedislike:20161008062735j:image

f:id:likedislike:20161008062741j:image

 

 


そして宿にもどる
なんと今日の晩御飯はカレー
日本人宿だからこその特典
筆者も少しお手伝い、ジャガイモ切ったりニンジン切ったり
これから長いことカイロに滞在する予定の日本人がメインで作ってくれた
南米のとこに関しては有名なブロガーらしい
カレーは次のバレエ鑑賞の後で

 


さあバレエ鑑賞
カイロでこんなことするとは思わなかった
実は堀江さんカイロの国立オーケストラでトランペットを吹いている
そして今日その演奏でのバレエ公演があるというので、招待券をいただいてバレエを見に行くことに
しっかりネクタイ締めていきました

 


驚くほど豪華な建物の中にエジプトの富裕層
バレエ全く初めての筆者だが、正直言って高校の文化祭かなと思った
すいませんバレエ鑑賞初心者の意見です
でも動きバラバラ、舞台の端で目立たない人がダラけてる、小道具の盾の向きが違ってたなどなどいろいろなところが気になりました
音楽の演奏はほんとうに全くわからないのでコメントできません

 f:id:likedislike:20161008062647j:image

 


そして帰るとお待ちかねカレー
しっかりスパイスから作ってくれた彼
5ヶ月アフリカという状況に置かれ
久しぶりの日本食で取れる旅の疲れ
うまかったですね

 

 

今日のツッコミ
斜宅

f:id:likedislike:20161008062622j:image