サイコロふってコマがすすむ

今はアフリカ日記がメイン たまに他の内容も (アフリカに関しては記事に詳細情報を入れないので何か御用の方はコメントください)

第39日目 さようならチュニジア さあトーゴ開始

 

10月16日 チュニジア チュニストーゴ ロメ

 


今日はついにトーゴヘ発つ日
と、その前に実はまだ行ってないチュニスの名物シティ・ブ・サイド
あの地中海岸に並ぶ青と白が特徴の美しい家々があるところ

 


朝起きて急いでそのシティブサイドへむかう
なんと電車が止まっていて、そこまで振替のバスで行く
ぎゅうぎゅうづめで余分に時間がかかったけどなんとか目的の駅まで到着

f:id:likedislike:20161121102448j:image

 


このゾーン自体はそんなに大きくない
結局滞在時間は2時間弱
それでも十分楽しめた
見ているもの全部写真撮りたくなるような景色
ちょっとした路地に入ってみるのがまた一興

 f:id:likedislike:20161121102515j:image

f:id:likedislike:20161121102709j:image

f:id:likedislike:20161121102719j:image

 

 

そして何とここには観光客がめっちゃ多い
驚きました、これぞ観光地、賑やかで楽しかった
有名なカフェでクソ高いお茶を頼んで休憩
今までいたところ、これから行くところを考えるとひたすら格差を感じる
そんな味がするお茶でした

f:id:likedislike:20161121102527j:image

 


帰りにドーナッツみたいなやつを買う
うまい、もっと買えばよかった
後味のいいシティ・ブ・サイドでした

f:id:likedislike:20161121102544j:image

 


そしてまた宿にもどる
そろそろ出発する時間
バックパックと前にサブバッグを背負い
空港を目指す

 


いつもめっちゃ余裕を持って空港に行っているので、とにかく今回も暇
Wi-Fiが使えないし、免税も興味ないし
とりあえず余ったお金で自分自身にも翼を授ける
約400円日本で考えても高い

f:id:likedislike:20161121102600j:image

 


飛行機はモロッコ経由
乗り換えも難なく終わり
次の日朝4時にトーゴの空港へ到着
とにかく眠い
迎えが来るはずだけどまだ来ない…

 f:id:likedislike:20161121102650j:image

 


さあここからアフリカ旅行第2部トーゴ3ヶ月滞在が始まります
多分単調な日々になろうかと思われるので
次からの3ヶ月は週に一度の日記でお送りします
アニメとかドラマのような気分でお待ちください
お楽しみに

 

 

今日のツッコミ
シティ・ブ・サイク

f:id:likedislike:20161121102632j:image

第38日目 擬似ふるさと

 

10月15日 チュニジア マトマタ→チュニス

 


今日は朝からチュニスへ移動

 


朝起きて朝食を食べ出かける準備をする
そうすると昨日から仲良くしてくれていたホテルのオーナーが話しかけてくる
なんと昨晩の宿代全部出してくれるそう
ほんとにラッキー
お世話になりました
いい宿なのでみなさんチュニジアに立ち寄った際は是非お越しください

f:id:likedislike:20161121102228j:image

 


朝9時に宿を出発
そこからチュニスへのバスが出るガベスの街を目指す
そして難なくガベス到着

 


豪華なブランチを食べてチュニスへのバスを待つ
そして難なくチュニス到着

f:id:likedislike:20161121102320j:image

 


時間は20時頃
今までチュニスでお世話になっていた宿に泊まる

 


他の国でもあることだけど
首都とか大きい街に長いこと居て、その後他の地域に行ってまた戻ってくると
やっと戻って来たなふるさとに!みたいな感じにおそわれる
数日しかいてないのに勝手に郷愁を得られる
でもまだまだ海外なんだと思うと遠く感じる

 f:id:likedislike:20161121102258j:image

 


こんな感じで今回もチュニスに帰ってくると
落ち着いて、懐かしさを感じられた
日本に帰った時はさそがしさそがし

 


そんな感覚とさらに
これから今旅行メインのトーゴに行くんだなあという感覚とともにおやすみなさい

 


今日のツッコミ

未知やすえを本気で怒らせた

f:id:likedislike:20161121102041j:image

第37日目 画面の中のここ

 

10月14日 チュニジア マトマタ

 


今日は急遽大きな予定変更
それが吉と出たと思える日
マトマタでもう一晩滞在して、ロケ地でスターウォーズを見ます

 


朝起きてホテルの朝食をいただく
昼頃に日本の友達とスカイプする予定
それまでマトマタの町を遊ぶ

 


ハリウッドを目指したのか、大きなマトマタの文字が山に作られていた
そこではもちろん観光客は筆者1人
風がかなり強い
すぐに砂まみれ
鷲と一緒に写真を撮る商売をしているお兄ちゃんがやってくる
他に誰もいないから筆者の写真を撮ってもらうのに利用させてもらう
鷲はごめんなさい、いりません

f:id:likedislike:20161121101714j:image

f:id:likedislike:20161121101722j:image

 


今日はマトマタでゆっくりして夜チュニスに戻る予定
だったのだが
なんと今日この宿でイベントがあるらしい
それもプロジェクターでスターウォーズ鑑賞
スターウォーズのロケ地でスターウォーズをみる!
こんなに楽しそうなことはない
今晩はバスで明かす予定だったので余分に1000円ほどかかってしまう
1000円でスターウォーズ鑑賞を買うか
とりあえず悩む

f:id:likedislike:20161121101830j:image

 


そして昼には友達とスカイプ
向こうは飲み会をやっていてその雰囲気でこちらも楽しめた
早く帰って一緒に飲みたい
そして彼らにおされて今日この宿でもう一泊することに
ありがとう、正しい選択でした

 


スカイプを終えて、その旨をスタッフに伝える
お金がないので夕食は抜きの値段でお願いした
そうするとなんと夕食タダで食べさせてくれるそう
しかも大統領に料理を作っていた人が来てくれて夕食を作っていた
確かに昨日よりうまい気がする気がする
ラッキー
その分ビール2本飲みました

 


夕食は昨日仲良くなった奴らと食べる
このイベントの趣旨は、映画コンクールのようなもの
だから学生たちと思われるスタッフが続々とこのホテルにやってくる
50人弱は来ていたのではないだろうか
そして近所の子供たちも大量に湧いてくる
アジア顔の外国人には興味津々

f:id:likedislike:20161121101754j:image

 


上映開始予定時刻から2時間ほど遅れてスターウォーズ開始
観たのはもちろんエピソード4
このロケ地が画面に出てきた時は感動でゾクゾクした
上映前に隣のお兄ちゃんと仲良くなったのだが、上映中にめっちゃ話しかけてくる
会話がなくて微妙な空気になるのを避けるために話しかけてくれる本当にいい人なのだが
スターウォーズやってるから
うっとしいほどの親切です

f:id:likedislike:20161121101814j:image

 


そのお兄ちゃんから逃げるために穴の上から映画をみることに
外に出ると警備の人が何人か
そんなに重要なイベントだったんだね

f:id:likedislike:20161121101849j:image

 


終始外国人筆者1人だったので丁重に扱われた
いろんな人とも話をした
不満があるとするとスターウォーズの1番最後クライマックスのところで映像が乱れて、しれっとそこで映画終了
なんでやねん
みんな何も言わない
ここ見ないでどうする

 


スターウォーズの後は何やらこのイベントの開会式のようなものがあり、端っこで見ていた
最後は式がグダグダ続いていき、気づけば終了

 


そのまま部屋に戻ってお休みなさい
明日こそチュニスに戻ります

 


今日のツッコミ
まだ避難訓練だと思ってる

f:id:likedislike:20161121101922j:image

第36日目 ちょっと昔、はるか彼方の国で…

 

 

10月13日 チュニジア ドゥーズ→マトマタ

 


今日はラクダツアーを終えてから、次の目的地マトマタへ
マトマタはベルベル人の穴居住宅があり、スターウォーズのロケ地となった穴居住宅が今はホテルとなっている
それが今回の目的
移動だけかと思ったけど、いろいろ書くことがあった日
長文お楽しみください

 

 

さあ朝起きるとすでにおっさんが何か朝食作っている
伝統のパン
どう作ったかはわからないが、たぶん生地を直接焚き火につっこんでる
だから食う前におっさんがパンをしばくしばく
味は素朴
塩と小麦の味
コーヒー粉がめっちゃ浮いてるコーヒーと共に

 

 

朝飯が終わるとおっさんがせっせと片付け
そしてまたラクダに乗り込み
今度は休憩なしで2時間ほど揺られる
なぜか今回ハエがやたらと多かった
サハラ中のハエを集めたんじゃないかというぐらいの数が筆者にまとわりつく
2回目はある程度ラクダにも慣れたかなあと思う

f:id:likedislike:20161121101206j:image

f:id:likedislike:20161121101147j:image

 

 

始めと同じようにあっさりツアー終了
宿に戻りシャワーを貸してもらう
今回はぜんぜん砂がまとわりつくような感じはなかった

 

 

そして昨日と同じ店で昼食を食べ
店員さんの少年に別れを告げる
さあ次は異星の地マトマタへ向かう

 

 

相変わらずの、乗り合いバス待たずに乗れる運を発揮してマトマタまでの中継地点ガベスへ
ドゥーズ→ガベス→マトマタ
ドゥーズを出るときにもまた警察のパスポートチェックに引っかかったけど、今回は何事もなく通過
何事もないのが一番

f:id:likedislike:20161121101305j:image

 

 

ガベスに着くと少し歩き次の乗り合いバス乗り場へ
ここで今までの乗り合いバス運のツケの清算
ニーハオといいながらニコニコして近づいてくるドライバー
この時点で怪しい
ガベス→マトマタのバスが30ディナールもするという
どれだけぼったくってるかと言うと
直前のがドゥーズ→ガベス、約130キロ9ディナール
今回はガベス→マトマタ、約50キロ30ディナール
助手席まで座ったが怪しい奴やと思って値段を聞いてよかったです
扉を強く閉めて出て行く
乗り合いバスだけど乗り合う客がいないから筆者1人だけでも連れて行こうとしたみたい
小さい町でおそらく観光でしか人が行かないマトマタ
今はつらい時期ですね

 

 

しょうがないから普通の公共のバスで行くことに
乗り合いバスの正規の相場より少し高くて、けっこう待たないといけない
待っていると隣のお兄ちゃんと仲良くなる
彼はマトマタ在住
次の日一緒にマトマタ回ろうと言われたけどあまり信用ならんから、とりあえず濁らせておく

 

 

バスに人が多くて疲れたけど、マトマタ到着!
なんか新鮮な景色
そして素敵
砂漠の中の町だけどオアシスのようでもなく、砂漠のままで生活しているよう
沈みゆく太陽がこの町を1番いい色にしてる
太陽がもう1つあったら完璧

 f:id:likedislike:20161121101246j:image

 

 

今日泊まる宿があのルーク・スカイウォーカーのご実家
ちなみに太陽2つを見ながら考え事する場面はさっきまでいたドゥーズで撮影したそう
バス停から5分ほどで目的のホテル
受付付近はスターウォーズグッズいっぱい
泊まる部屋はまさにスターウォーズ
そして併設のバーがその彼の家
スターウォーズめっちゃ大好き!ってわけでもないけど、かなり高揚する
穴居住宅と言われるぐらいなので上からも覗ける

f:id:likedislike:20161121101339j:image

f:id:likedislike:20161121101350j:image

 

 

とりあえず軽く町に繰り出す
少し歩いたカフェに日本人
こんなところに!
かなり品のある女性
フリーの写真家だそう
本も出されている
やっていることがかっこよすぎる
主に中東の国々で民家に泊まりながら取材などをしてるそう
帰ったら本読みます!
コーヒーごちそうさまでした!

 


帰ったら夕食の時間
ホテルで夕食も出してくれる
副菜?の「卵フライ〜餃子の形で〜」みたいなチュニジア料理がうまかった
メインはもちろんクスクス
あれ?飽きてきたかな?
一緒にビールもいただく
ぷはー

 


夕食を終えるとホテル内の別のところで生演奏が
周りでワイワイする地元民
なんとその卓上にはワイン!
ワイン飲むためならダンスでも変なノリでもなんでも付き合います
ほど良い感じて飲んでいると、テーブルの下の方で何かゴソゴソしたグラスのワインを飲まされそうになった
これはあの睡眠薬強盗か?と思ったから、しっかり出来上がってるおっちゃんにそれを飲ませてその場を退却
おいしいワインありがとう

f:id:likedislike:20161121101454j:image

 


今日はそのまま部屋に帰って就寝

何やらいろいろあって楽しい1日でした

 


今日のツッコミ

意外にかわいい

f:id:likedislike:20161121101435j:image

 

 

第35日目 おっさんと2人で

 

10月12日 チュニジア ドゥーズ

 


今日はサハラ砂漠ラクダツアー!
エジプトでの砂漠ツアーがかなり楽しかったので期待!

 


ツアーの開始は15時から
ということで昼までゆっくり寝て、昼飯探しにドゥーズの街をぶらぶら
小さい街なのですぐに一周する
おもしろいことにここでは、こんにちわがよく飛んでくる
たぶん日本人ばっかり来るところなのでしょう
しかし今は昔、この街でそもそも観光客は筆者以外に3人の欧米人しか見なかった

f:id:likedislike:20161121095434j:image

 


安そうなお店を見つけたのでそこで昼飯
ここの店員さん18歳
こういうお店ではよくある年齢
だからか英語もフランス語もほとんど話せていない
必死にグーグル翻訳で英語を話そうとしてるのがかわいらしかった
安いしうまいしまた明日も来ます

f:id:likedislike:20161204024828j:image

 


そして3時!
ツアーの出発
タクシーでいかにも砂漠の入り口って感じのところに連れて行かれる
そこで待つおっさん1匹とラクダ4人
さくっとラクダに乗らされる

f:id:likedislike:20161029220109j:image

 


なんかあっさりとツアー開始
一度の休憩をはさみ2時間半ほどただラクダにゆられる
30分たった頃から股関節が痛くなってくる
足を曲げるとつりそうになる
眠くもなってくる
英語もフランス語もあまり話せないおっさん
これが結構きつい
前置詞全てwith で片付ける
微妙な空気の中サハラを行く

f:id:likedislike:20161029220034j:image

f:id:likedislike:20161029220028j:image

f:id:likedislike:20161029220025j:image

 


今日の寝床に到着
ツアー用の小屋があった
おっさんがせっせと夕食の準備
手伝おうかと聞くがいいと言われる
ひたすらおっさんの調理を見つめる筆者

f:id:likedislike:20161029220110j:image

 


夕食はかなりの量があった
大量野菜がうれしい
当たり障りない話をする
おっさんと2人、なんで時間だ

 


夕食が終わると少し外にでて
マットに寝転ぶ
おっさんと2人で寝転び、星が綺麗だねと言う
曇りだが

 


おっさんと2人で砂漠
おっさんと2人でラクダ
おっさんと2人で夕食
おっさんと2人で星空
この時間プライスレス、正確にいうと2500円+チップ150円

 


ただ最後におっさんが婚礼の民族音楽を太鼓たたきながら歌ってくれたのは、ほんとうにいい時間でした
砂漠によく馴染む

 

 

この日は小屋のなかでマットだけでお休みなさい

f:id:likedislike:20161204024841j:image

 


今日のツッコミ

この街めっちゃ床屋多い!

f:id:likedislike:20161029220027j:image

 

 

トーゴ到着 Wi-Fiのお知らせ

 

10月20日 トーゴ パリメ

 

お久しぶりです

報告としてまずはトーゴに到着しました

ここで3ヶ月過ごします

 

 

しかし!Wi-Fiが壊滅的!

電波の孤島!文明からの離脱!増える独り言!

 

 

ということで長いこと更新できません!

これぐらいの文章なら大丈夫らしいけど

ということで記事をためて、文明に触れた時にまとめて投稿します

予めご了承を

 

 

取り急ぎ報告まで

 

第34日目 いい意味で警察沙汰

 

 

10月11日 チュニジア チュニス→ドゥーズ

 


昨日思いついたプランで今日はただ移動だけの日
全て昔の情報のままだったらうまく目的地ドゥーズまでたどり着ける

 


朝早く起きてバスステーションへ
まずはトズールというところを目指す
そして最初の関門
朝のこのバスがあるかどうか
ありました
よかった、ブログとかもぜんぜんなかったから心配でした

 


実は直接、目的地ドゥーズまで行くバスがあるそう
しかし!道中も楽しまないと
ということで、少し手前のポイント、トズールで小さい乗合バスに乗り換えて、チュニジア屈指の塩湖を見ることに
一本のバスでいけるところを、二回乗り換えで目的地まで
チュニス→トズール→ケビリ→ドゥーズ
これまたうまくいくかわからない心配要素の1つ

 


とりあえずバスでチュニスからトズールまでは問題なく到着

ほんの少しトズール観光して、乗合バスを探す
次の行き先はケビリ
ミニバンがいっぱい止まってるところに行き目的地を叫ぶ
そして乗合バスが満杯になったところで出発する
これが乗合バスの乗り方
ということで乗合バス乗り場に行くと、向こうからケビリのコールが
ちょうど筆者が最後の1人だった
ラッキー
少しも待つことなくケビリまで

f:id:likedislike:20161015071716j:image

f:id:likedislike:20161015071718j:image

 


このトズール、ケビリ間で塩湖を通る
観光用ではないのでさっと通過するだけ
それでもある程度楽しめました
綺麗じゃないけど
同じような景色はいろいろ錯覚を起こしておもしろかった

f:id:likedislike:20161015071605j:image

 


そしてまた問題なくケビリ到着
ケビリからまた乗合バスで、今日の目的地ドゥーズへ行く
乗ってきた乗合バス降り場から、
次の乗合バスまでは少し離れている
親切な隣に座っていたお兄さんについて行く
彼もドゥーズ行き、心強い
次もほとんど待つことなく出発
ラッキー

f:id:likedislike:20161015071810j:image

f:id:likedislike:20161015071614j:image

 


さあここからが題名の警察沙汰
間違いなく大袈裟です、すいません、もりました
ドゥーズの街へバスが入ったときに警察に止められみんなの身分証が確認された
筆者はパスポートを提出
たまにしかにないことだそうだが、それにあたってしまう
1人外国籍の筆者
何もないといいけど…
そう思うと何かあるものです
ミスターと1人呼び出される筆者
署内へ入る
その時さっき案内してくれたお兄さんもついて来てくれた
海外初めての警察署でビクビク
中ではドゥーズでの滞在場所、日数、目的などを聞かれた
旅行者の安全確保のためにだそう
お世話になります
宿に一報入れてくれたり、警察の連絡先を教えてくれたり、丁寧であたたかい対応でした
一応、今危険なアルジェリアとの国境に近いドゥーズ
ありがたい手間です

 


一応の安全確保もしてくれて無事ドゥーズ到着
なんとかうまいこといきました
そのまま宿にチェックインして、軽く夕食を食べて就寝
よく移動しました

 


明日はこの宿が手配してくれているサハラ砂漠ラクダツアー!
このドゥーズに来た目的!
楽しみ!

 

 


今日のツッコミ

このドゥーズめっちゃ床屋がある

f:id:likedislike:20161015071535j:image