読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイコロふってコマがすすむ

今はアフリカ日記がメイン たまに他の内容も (アフリカに関しては記事に詳細情報を入れないので何か御用の方はコメントください)

第20日目 "エジプト請求"

#title { color: #07141f; }

 

9月27日 エジプト アスワン

 


この辺からエジプト人の本性に迫りだす

 

朝起きてゆっくりとアスワンの観光地を巡る
目的はこの辺の民族ヌビア人にまつわるヌビア博物館、切りかけのオベリスクの2つ

 


ホテルからゆっくりと30分ほど歩いてヌビア博物館へ
人がいない
筆者含めて客は3人
内容はまあまあ
面白かったことといえば
警備員に写真撮るためのチケットが必要だとふっかけられたこと
払いません
エジプト人はこういうことばっかりしてきよる
外人は何もわからないだろうって

f:id:likedislike:20161005225339j:image

f:id:likedislike:20161005225349j:image

 


さらに少し歩いて
切りかけのオベリスク、に到着
岩から切り取ろうとしてる最中のオベリスクが見れる
ここはもう筆者しかいない
ガイドブックで見たとおりでした

f:id:likedislike:20161005225846j:image

 


その後お昼を食べて、ホテルのロビーで休憩

 


前日に約束していたとおり
日本人3人でナイル川を渡りながら夕日を見に行く
片道1ポンド
川の上から夕日を見ることが目的なのですぐ戻ってくる
またさっきのような話だが、帰りは5ポンド請求される
払いません

f:id:likedislike:20161005225836j:image

 


勝手にこのような現象を"エジプト請求"と呼びます
エチオピアでも外国人価格とかをふっかけられることはあったけど、エジプトではこれが多種多様
今後もこの実録エジプト請求をお伝えしていきます

 

 


素敵な川渡りをして、夕食を食べる
さらにもう1人日本人が加わり
4人でビール飲みに
元新聞記者世界一周、元銀行世界一周、143家国料理人、筆者の4人
なんて未熟な筆者
その分お話はめっちゃ楽しいです

 


次の日は朝3時半にホテルのアブシンベルツアーに参加する
だから早めにおやすみなさい

 


今日のツッコミ

博物館で黒王号!

f:id:likedislike:20161005225740j:image