サイコロふってコマがすすむ

今はアフリカ日記がメイン たまに他の内容も (アフリカに関しては記事に詳細情報を入れないので何か御用の方はコメントください)

第12日目 宗教の位置、子供の仕事

#title { color: #07141f; }

 

9月19日 エチオピア ラリベラ

 


今日はずっと行ってみたかったラリベラ教会群!
隠れるために地下に掘り出してできたいくつもの教会
それに圧倒されつつ、街の人たちにもおもしろいところが
いつもより長めですが最後までお楽しみください

 

 

朝起きて早速スペイン人とともにチケットオフィスへ
料金は50ドル
めっちゃ高い
でも行ってしまう
ついでに勧誘されたからガイドもつける

f:id:likedislike:20160927211119j:image

 


朝10時、今から11の教会をまわる
迫力がすごい
一枚岩から切り出した教会は正直言ってキレイではないが厳かである
どこの教会の中にも絵が飾られていて
その後ろはカーテンで仕切られている
近い地域で紛争があるので観光客はかなり少ないが、そのおかげで元からあるような雰囲気を味わえる

f:id:likedislike:20160927211209j:image

f:id:likedislike:20160927211204j:image

f:id:likedislike:20160927211237j:image

 

 


経済学と観光を勉強していたというガイドが途中苛立ちながら、筆者とスペイン人に訴える
何でこんなに観光客が来ないのかと
まずなにより高い
そしてこいつらそれを自覚していない
料金体制の工夫もなく、プロモーションもぜんぜん
それをいろいろ提案したり、意見を言っても受け入れる姿勢がない
遺跡自体はすごいのにそこらへんが良くないぞラリベラ

 


そうこうしているうちに
一番見たかった聖ギオルギス教会
旅行していると映像でしか見てなかったところに行く、そうしてついにこんなところまで来たのかあと思う
この感覚が筆者にとって旅行してしまう1つの理由となると思った
ここまで来てしまった感
そのためにお金と時間をかけるのだなあと
この教会でよくそれを実感させられました

f:id:likedislike:20160927211251j:image

f:id:likedislike:20160927211306j:image

 

 


お昼には教会が閉まるので2時までお昼休憩
そこで出会ってしまう今旅行初めての自分土産
エチオピア、アフリカの伝統的ボードゲーム
少し値段交渉してすぐ購入
とりあえず帰ったらルールを調べます
みんな相手してください

f:id:likedislike:20160927211256j:image

 


お昼からの教会も信じる物への執念を感じさせるものばかり
アフリカのペトラ遺跡と呼ばれるものがかっこよかった
教会間の歩く移動も緑と遺跡が綺麗に混ざっていていい写真になる
教会めぐりの後は資料館みたいなところへも
管理がずさんすぎて、その分距離が近く感じられてよかった

f:id:likedislike:20160927211550j:image

f:id:likedislike:20160927211607j:image

 


少し早い時間に見学は終わり
昨日と同じホテルのレストランで夕食をとる
次の日はアディスアベバに戻らないといけないので早起き
だから早寝
おやすみなさい

 


これで今日の日記は終わらず
少し時間を巻き戻す
時間は朝10時前、教会群のチケットを買う前である
ここの子供達はまだ学校が始まっていないらしく、街中に子供達が多い
そしてかなりフレンドリーなのである
この流れはある程度読めるかと思うが、読者の予想は遠くはないはず

 


ちなみにこのお話は少し関係ないが、特徴としてここの人たちは日本人をよく認識している
首都アディスアベバでは、街中で95%チャイナ!と呼ばれるのだが、ここラリベラではほぼ間違いなくジャパンと言われる
日本人が多いのかな

 

 

お話に戻ります
ここの子供達はとてもお世話焼き
街に出ようもんならすぐに
ラリベラへようこそ!
名前は?よろしく!
教会群はどうだった?
何か困ったことはない?
と声をかけられる
この時は筆者もまだ優しくて、いろいろお話をする
そして2人の少年が筆者につくことに

 

明日のバスチケットを探しているというと
バスチケットオフィスまで案内するよ
明日ホテルからのタクシーを地元民価格で手配してあげる
と言った風にかなり良くしてくれる

 


教会群の中には入ってこず、毎回出口で同じ2人が待っている
まあ子供だし利用できるだけしようと思い相手する

 


教会群ツアーがおわり、
バスチケットを買いに行こうとすると、約束通り地元民価格でチケットオフィスまで連れて行ってくれる
チケット売り場でも大人がふっかける外国人価格を訂正してくれて、ほぼ半額の地元民価格で買わせてくれた

 


そして歩いてホテルまで戻り、
明日早朝にホテルにタクシーを手配してあげるから一緒に行こうと言われる
その後どこかに連れて行かれてお金取られるんだろうなと思いつつ了解する

 


別れ際には、数日後から始まる学校用の教科書がないからそこのお店で買ってほしいと言われる
もちろん断る
残念ながら彼らと1時間ほど話していて、もしかして信用してもいいのでは思うようになっていたのだが

f:id:likedislike:20160927211347j:image

 


2人の少年と別れ、ホテルにいると
たまたま次の日アディスアベバに行く都合のいい車をホテル側が提案してくれた
バスチケットを買った方では目的地まで所要時間2日
今回提案されているのはたった半日
料金を考慮しても後者の方がお得

 


ということで次の日の朝その少年たちのバスは断ることに決めた
さすがに当日に断るのでキャンセル料として少しは握って行かないといけないと思い、少しのお金は用意しておいた

 


まとめると2人の少年に良くしてくれて買った方のバスは捨てて、ホテル側の安心できる方で明日、アディスアベバに行くことに

 


さあ明日2人の少年と会った時どうなるのでしょうか
今日はここまでです

 

 


今日のツッコミ

おしゃれ坊

f:id:likedislike:20160927211453j:image