読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイコロふってコマがすすむ

今はアフリカ日記がメイン たまに他の内容も (アフリカに関しては記事に詳細情報を入れないので何か御用の方はコメントください)

第1日目 これが続くと体がもたない

アフリカ エチオピア
#title { color: #07141f; }

 

9月8日 エチオピア アディスアベバ

 

ついにエチオピアはアディスアベバに到着!

アフリカ感はそんなにない

周りが黒人で言語がわからないだけ

 

この日を振り返るととにかく濃い

今日こんなことあったんだよーって話が何個もできるぐらい濃い

読者には長文に苦労していただきたい

 

釜山、バンコクを経て早朝6時に空港着

諸々手続きをして空港を出るとやはりタクシーの客引きが数人

でも思いの外そこまでしつこくないし、むしろ利用したいバス停の場所を教えてくれる人もいた

 

他の人のブログを読んで想像していたよりもバス停が遠くにあって死ぬほど不安

でもなんなくバス(乗り合いのバン)に乗ることができた

値段は5ブルでとくにボラれもしなかった

100ブル札で払ったけどしっかりお釣りもくれた

f:id:likedislike:20160910234106j:image

 

そのまま目的のピアッサ広場に到着

でもそこから目指すタイトゥホテルまでが全くわからない!

それっぽい方向に歩くが見つからない

道行く人が指す方に行くがホテルがない

 f:id:likedislike:20160910234609j:image

 

そんな時優しいお兄さん(A)に出会う!

Aに連れられタイトゥホテル到着

しかし想像の2倍高くて第2候補のバロホテルへ

バロホテルは少し予定よりは高いが230ブルで手を打った

この間ほとんど全てAに手助けしてもらう

f:id:likedislike:20160910234612j:image

 

そしてそのままAに連れられ街散策

キルギオス教会などを観光

そして数日後に参加予定のダナキルツアーの仕事を

なんとAの兄がしてるというのでそのオフィスまで案内してもらうことに

f:id:likedislike:20160910234610j:image

 

しかし歩けどつかない

そろそろ人通りが少なくなってきてこれはやばいと思ったので引き返すよう提案

(参考までに

・Aと出会ってから全く信用していなかったし怖かったからこの提案をできたと思う

・それにフランス留学で図々しさを身につけたことも作用したかと

・ほぼこいつから情報を巻き上げるだけに利用してやろうぐらいの思い)

いくつかショートカットルートだからと言われ来た道と違う方を案内されたがそこまでしつこくもなかった

そして宿まで戻りもう疲れたから寝ると言ってその人とは解散

とくに金を迫られたりもなかった

結局のところただいい人だったのかも

とりあえずAとはこれでお別れ

疑ってごめんなさい

 

 

 

そして長時間フライト、Aとの1時間ぐらいの観光、初アフリカ初知らない人からのストレスで2時間ほど寝ることに…

 

起きた時点でまだ昼の1時

そうですこの日は前置き通り濃いんです

 

 

昼食をとるために第1候補だったタイトゥホテルのビュッフェへ

初エチオピア飯

辛い

不味くはない

僕は辛さに強い方ではないからかなり疲れた

でもビュッフェ形式なのでとりあえず食う食う

 

他のアフリカ旅行ブログで

「ホテルで出会った旅人と〜」

「たまたま会った日本人と観光!キラキラ」

とかを読んでたからてっきり僕もそうなると思ってた

 

しっかりそういうことになったのですが

 

昼食を食べフロントでダナキルツアー開催地のメケレまでのバスチケットを買おうとしたら

エチオピア人と話す日本人男女2人

 

そうですこれを待ってたのです!

 

でもしっかりエチオピア人と話し込んでいたから声をかけずに

バスチケットを探しにあちらこちらへと

結局見つからなかったのでまたタイトゥホテルに戻ると、同じ場所に同じ2人

声をかけ一緒に行動することに

 

そうですこれを待ってたのです!

f:id:likedislike:20160910234613j:image

 

とりあえずその2人と有名なコーヒーショップ

トモカコーヒーへ

f:id:likedislike:20160910233456j:image

 

その道中で親切なまた他のエチオピア人2人(B、C)と出会う

彼らとともにトモカコーヒー、バスチケット探し

途中でポテチ、サトウキビ、移動のバスをおごってもらう

いいやつばっかり、エチオピア!

 

 

 

そして全てを終わらしホテルへ戻る

1時間後にB,Cと一緒に飯を食おうと提案される

Cが誕生日だそうで

承諾して1時間後に集合場所へ

 

 

いろいろ条件が重なって

僕が泊まるバロホテルにその日本人2人も泊まることに

ということでバロホテルホテルが作戦拠点

そして女性の方は仮病、男性の方は少し遅れて集合場所に着くということなって

先に僕だけがB,Cと会うことになる

もう夜7時頃のこと

 

 

 

辺りも暗くなってきて小走りで、僕1人その場所へ向かう

遠くに見える知ったエチオピア顔3人

3人?3人!

全く知らないはずのA,B,Cが同じ場所に!

なんでそこにAもいるんだ?

やばいやばいやばい

これはいけないでしょアンテナがびんびん

 

もう怖すぎるので

とりあえず軽い挨拶と雑談をこなし、

友達が遅いからちょっと見てくる

と言ってホテルまで逃げる

で日本人たちに報告してこれはやめようということに

 

でも危険はあるが腹は減る

ということで近くのバーガー屋さんでお持ち帰りにすることに

あたり前ながら道中彼らに出会ってしまう

彼らが言うには誕生日会でお金が必要だと

アウト

完全にお金を巻き上げようとしている

もうこれは無視してホテルに帰る

いろいろな今までのA,B,Cからの恩義を踏みにじりるが、大金さらには命にかえると話にならん

 

ということで

その後ホテルでみんなとバーガーを食べ

いろんなお話をして今日1日が終わる

 

 

お話の間にもこの日は

この日本人友達のクレジットカード吸い込まれてそれに対応する件

同じホテルに泊まる日本人研究者のかなり興味深い足袋の話を聞く件

などがあるが

文章力、字数の問題から割愛させていただきます

帰ったら詳しくお話しします

 

こんな感じでアフリカ初日は

ねっとり濃厚な1日でした。

そしてここから数日この日本人男女お2人とエチオピアをご一緒させてもらいます。

 

 この文字数おつきあいいただいて

ありがとうございます。

 

今日のツッコミ

部屋の絵がおしゃれ

f:id:likedislike:20160910233636j:image