サイコロふってコマがすすむ

今はアフリカ日記がメイン たまに他の内容も (アフリカに関しては記事に詳細情報を入れないので何か御用の方はコメントください)

第26日目 ディープなカイロ

 

10月3日 エジプト カイロ

 


今日は昨日から約束していた堀江ツアー
筆者が滞在している宿に住む、エジプト歴7年の堀江さんという人がガイドブックに載らない、というより載せられないディープな世界を案内してくれるというツアー
ツアーというかめっちゃ詳しい案内
個人的にやってるだけなので

 


昨日出会ったうちの1人の女性、堀江さん、筆者の3人
さっそく朝から出発
行った場所としては、
街から出るゴミがすべて集められてそこでゴミ処理をしながら暮らす人々の界隈、
そこを抜けたところにあるイスラーム圏エジプトではかなり珍しいコプト教会(原始キリスト教、エジプトのキリスト教)、
死者の町
その付近の世界遺産や綺麗なイスラーム教会
の4箇所

 

 

まずはゴミ処理の街
ここでは写真は撮れないそう
ということで言葉で伝えるしかないのだが
一言でいうとゴミ溜めである
生ゴミやプラスチックの臭い匂い
目に見えて体に悪そうな粉塵が舞う
廃墟のような建物がひしめき、道幅は広くない
職業というより生活の一部としてゴミを分けているという感じ
それでも人の雰囲気は明るい
堀江ツアーとしては頻繁に来ているのだが、
観光客はまずいないようなところで我々が珍しいのか、すごい興味津々に話しかけたり挨拶してくる
そこがおもしろい
感情の内訳をしりたい
この日行った4つの中で一番楽しかったところ

f:id:likedislike:20161008062401j:image

 


そこを抜けるとコプト教会がある
門をくぐり、壁に彫られた地図をつたうと
こんな広い空間があるのかという場所へ
さらにその中にもこんな広い空間があるのかという教会や集会所のようなところが
ほんとうに隔離され隠れているなというイメージ
そして啓示をうけ壁に彫刻を続けるマリオさんが作るアミューズメントゾーンもある

 f:id:likedislike:20161008062120j:image

f:id:likedislike:20161008062129j:image

f:id:likedislike:20161008062138j:image

 


上から先ほどのゴミの街も眺められる
屋上で飼っている豚などの家畜がよく見える
彼らは人の生ゴミを食べているそう
ここで堀江さんに聞いたおもしろい話を1つ
イスラーム圏では豚を食べないが、この界隈では、いわばキリスト教なので豚を食べる
以前豚インフルエンザが流行った時、政府はここぞとばかりに国中の豚を殺処分した
そうすると生ゴミの行き場がなくなって、あふれかえったと
昔話みたい

f:id:likedislike:20161008061959j:image

 


コプト教会のあとはもう一度ゴミ街を抜け、死者の町へ
ここにはいたるところに墓がある
別にゾンビが住む町ではない

f:id:likedislike:20161008062013j:image

 


そして世界遺産や美しいイスラーム教会へ
まずは世界遺産
みなさんこのショットに見覚えのあるのは、1エジプトポンド札に印刷されているからであろう
観光客はおろか普通に人がいないのでゆっくりと楽しめた

f:id:likedislike:20161008062028j:image

f:id:likedislike:20161008062110j:image

 


3、4時間ほど歩いて宿にもどる

 


2時間ほど休憩してから
同じメンバーで大きなスーパーに行った
店員さん全員ろう者のケンタッキーにも寄る

 


帰って、みんなで白ワインを飲んでおやすみなさい

 


今日のツッコミ

堀江さんより
エジプトではMacintoshWindowsに次ぐ第3のOSがある
New Windows
(チーズ味のスナックです)

f:id:likedislike:20161008061836j:image

第25日目 エジプトといえば

 

10月2日 エジプト、カイロ

 


今日はついにエジプトのピラミッドを見に行く
1週間ちょっとエジプトにいたけどやっとピラミッド
エジプトといえばのピラミッド、そしてさらによく出会うエジプトといえばのバクシーシ

 

 

朝起きて、昨日出会った日本人2人、当日の朝出会った日本人2人そして筆者の5人で
ダフシュール、ギザのピラミッドを巡る

 

 

5人でタクシーにのる
後部座は4人でぎゅうぎゅう
まずはダフシュールという場所のピラミッドへ
中心地から少し遠い場所にある
ここには2つのピラミッド
赤のピラミッド、屈折ピラミッド

 

 

このタクシー運転手
道がわからないよう
途中何度もいろんな人に聞きながら
ダフシュール到着
そんなに観光客いないんだね

 

 

最初に目指すは赤のピラミッド
よくこれを赤と言ったなという色
しかし形はかなりきれい
とりあえずピラミッド中に入ってみる
前傾姿勢でかなり下まで降りるのですぐに足がプルプル
何もないが空間がある
そこに魅力を感じる

 f:id:likedislike:20161008060411j:image

f:id:likedislike:20161008060415j:image

f:id:likedislike:20161008060423j:image

 

 

 

また頑張って登って外に出る
さあ!これからがこの赤のピラミッドに来た目的
昨日からこのことについて話し合っていたのだ
しかし!ここから少し時間を飛ばします

フフフ
いろいろ察して詳しくは直接筆者に聞いてね!

 

 

 

さあ、…も終わり次は屈折ピラミッド
諸説あるらしいがとにかく屈折しているピラミッド
こちらは普通に外から見るだけ

f:id:likedislike:20161008060443j:image

 

 

歩いていると銃を持った警備員が近づいてきていろいろ話してくれる
すぐ横にかなり小さいピラミッドがあってそこに登れるから行ってみないかと提案される

 


こちらの日本人たち予想通りの提案
これでバクシーシ(イスラームの考えで、富める者から貧しい者へ進んで行う寄付)を請求されるに違いない
登る最中かなり優しくしてくれる
そして小さいピラミッドから降りると当たり前のようにバクシーシ請求
払いません

f:id:likedislike:20161008060456j:image

 

 

ちなみにこのバクシーシいろんなところで見受けられました
遺跡で柵がしてあるところの前で、内緒だからと言って少しだけ中を見せてくる
その甘い言葉に従うもんならバクシーシ
タクシー運転手に運賃以外に請求されるバクシーシ
チップとは少し違って、バクシーシとは喜んで、進んで渡すもの
それなのに余計な世話をして請求してくるのが好かん
それがこの国エジプトなのです
ピラミッドと同じようにエジプトの楽しみの1つ

 

 

さあ無事にダフシュールピラミッド観光が終わり
次はギザのピラミッド
タクシーの運転手に当然のように決定していた金額より多く請求され、はねのける

 


そして昨日出会った方の2人の日本人とはひとまずお別れ

 


ついにエジプトはギザのピラミッド
ピラミッドの前はラクダとかの客引きがうざいというのでそれにも少し期待

 


ギザの3つのピラミッド、スフィンクスを見る
ザ観光地、写真や動画をみすぎてそれ通りすぎたという印象
そして普通の感想だか、ほんとうによくこれを積み上げたなということはひしひしと感じる

f:id:likedislike:20161008060523j:image

f:id:likedislike:20161008060529j:image

 


うざい客引きはそこまでいなかった
他と同じような感じ

 


観光の後はスフィンクスの目の前のケンタッキー、ピザハットが入る建物で食事
いい眺め

f:id:likedislike:20161008060542j:image

f:id:likedislike:20161008060623j:image

 


バスと、地下鉄で一旦ホテルにもどる
少し休憩して夜のお土産街ハンハリーリへ

 


この国だけの特徴なのか知らないけど
エジプトは夜が長い
20時ごろからホテルを出たのだが、まだまだこれからって感じ

 


そのためハンハリーリはいい盛り上がり
そして美しい
アラブ!エジプト!って感じの景色がキラキラしてる
いろいろ値段を聞いていると、有名なお土産街なだけあって少し値切りずらい

f:id:likedislike:20161008060610j:image

f:id:likedislike:20161008060613j:image

 


2時間ほど歩いてホテルにもどる


もうへとへとです
ピラミッド5個と夜の散歩はかなり疲れた
ということですぐにおやすみなさい…

 


今日のツッコミ

宿の階段にいる猫

筆者がカイロを出るまで毎朝このタライに入ってた

f:id:likedislike:20161008061729j:image

第24日目 お世話になりました

 

10月1日 エジプト ルクソール→カイロ

 

 

今日は昨日のツアーで一緒だった中国人3人とカイロまで戻る

 


朝集合時間に集まって出発
車中本当にいろいろよくしてくれた
英語が話せるのは1人だけだったので基本的に中国語の会話が飛び交う
でもたまにその1人が英語に訳してくれて話しかけてくれた
途中おかしやフルーツももらった
砂漠で一緒に写真を撮ったりもした
最後は彼らの場所と筆者の場所が離れていたので、地下鉄までのタクシー代も出してくれた
普通は100ポンドぐらいするところを
無料で行けたのは大変ありがたかったです

f:id:likedislike:20161007052504j:image

f:id:likedislike:20161007052523j:image

 


ここでまたすごいエジプト請求をもう1つ
ガソリンスタンドに2回よったのだが、そこでのお話
一回目のガソリンスタンドではまず
ガソリンをすごい量入れられていた
ガソリン入れて満パンになるときのガンッっていう音が何度も聞こえる
何度も満パンにしている
ガンッガンッガンッガンッガンッガンッ
料金メーターがキリの良い60ポンドになるまで入れられて、というよりこぼされて
最後の方はガソリンがぼたぼたと垂れているのがよくわかった
そこまでして金を取るかと、かなり個人的におもしろかったです
たぶん運転している中国人は気づいているけど指摘しない、これが金の余裕

僕は彼が払ってくれているので何も言えません

 


2回目のガソリンスタンド
運転してくれている中国人は少しその場を離れていく
ということは!今回も少し期待してガソリン入れるのを注目
やった!またやりやがった!
ガンッガンッガンッガンッ
でも今回は少なめ
しかし!これで終わらないエジプト請求
ガソリン補給機には2つ注ぐ口がついていて、今回は左側からガソリンを入れていた
ガソリンが入り終わってから帰ってくる運転手
すると彼はこっち?みたいな感じで右側の注ぎ口の料金メーターを指す
右側には前回の客の料金と思われる額が提示されているまま
そうだよ、と店員さん
右側はそんなわけないでしょーっていう料金
快諾する中国人
すごい現場を見た気がします
お金があるってこういうことなんでしょうか
これがエジプト請求がはびこる原因の1つかと

 


そんなことがあったりして無事カイロまで到着
ほんとうにお世話になりました

 


そしてカイロの宿に到着
ずっと飲んでみたかったエジプトのワインを1本開ける

うまし

f:id:likedislike:20161007052748j:image

 


そして現れる、エジプト7年在住、この宿に住んでいる日本人
かねてからこの人のお話はかなり聞いていた
というかこの宿を選んだ理由

 


夜遅くにもかかわらず、自分の買い物に付き合ってくれた
欲しいものがなかなかなく、見つけるまで時間がかかった
これまたお世話になりました

 

 

宿に戻り寝ようとしていたとき
他の日本人がやってくる
そして次の日一緒にピラミッドへ行くことに
楽しそうな人だった
明日お世話になります

 


今日のツッコミ

寄生獣みたいなマネキン

f:id:likedislike:20161007053605j:image

 

 

第23日目 世の中カネ特にエジプト

 


9月30日 エジプト、ルクソール

 


そこお金で買えるんや
っていうのがあった日
宿のツアーでルクソール西岸の有名どころを観光
数々の王様の墓が点在する王家の谷など

 


朝起きて、というより起こされてツアー出発
こっちはツアーのとき集合時間のかなり前に勝手に起こしにくることがある

 


ツアーのメンバーは中国人の2人の女の子、その子たちが泊まってるエアBnBの中国人おっさんホスト、タイ人の女の子、筆者の5人

 


今回のツアーはガイドがなかなかよかった
詳しくいろいろな情報を教えてもらった

f:id:likedislike:20161006091754j:image

f:id:likedislike:20161006092212j:image

f:id:likedislike:20161006092127j:image

f:id:likedislike:20161006092134j:image

 


そのメンバーで何箇所かまわって
ついに王家の谷
ここの中は撮影禁止
だから入り口付近でカメラを預けなくてはいけない
もしバレたらだが
そのカメラ預けるところの前でバシャバシャ撮影する他のツアーグループの中国人たち
すごい光景でした

 

 


そこらへんはまだバレにくいのだが、各墓の中には警備員みたいな普通のおっさんがいる
だから中はそう簡単には撮影できない
落ち込むなかれここはエジプト、カネの国
よく金がモノを言う
エジプト銀行はかなりやかましいだろう
少し握らせれば、誰にも言わないでねみたいな感じで写真を撮らせてもらう
これでいいのかエジプト世界遺産
そらユネスコが黙ってられないのもわかる

f:id:likedislike:20161006091830j:image

 


一緒にいた中国人3人に明日一緒にカイロに帰らないかと言われる
タイミングが完璧
しかも車で帰るから無料でカイロまで行ける
とてもラッキーです
しかもお昼ご飯もご馳走になりました
豪華な昼食

f:id:likedislike:20161006091846j:image

 


ツアーが終わると1人でミイラ博物館へ
これの営業時間に関していくつも情報があって一苦労
今の時間は14時前
1 、14:00まで(地球の歩き方
2、16:00まで(宿の人)
3、17:00までやけど今日はもう閉まってる(ツアーのガイド)
4、13:00までと17:00-21:00(博物館の前の看板)

わからんかったからとりあえず2時過ぎに行ってみたのだが、どうやら正解は4でした

 

 

ということでもう一度宿に戻り昼寝をしてから、5時過ぎに行ってようやく見れました
内容はいろいろなミイラや製法、器具が見れて個人的にめっちゃ楽しかった

ここは厳重に撮影禁止

f:id:likedislike:20161006091858j:image

 

 

ここまでのエジプトの観光名所、王家の谷除く、で全て言えることなんですけど

とにかく人がいなかったです

閑古鳥が叫んでる

革命の後からほとんど観光客が来ないそう

だから今は来る外国人から巻き上げるのだと

 


さあ帰って、昨日仲良くなった店で夕食を買いに行くのだが、昨日のお兄ちゃんがいなかった
ということでもう一度ぼられ直し
あらゆるエジプト請求をしっかり全部指摘しておきました
バーガーの内容物が少ない、付け合せをつけない、料金が違う、の3点
外国人からカネをとことん吸い上げるつもりらしい

 


いつも通り宿の屋上で夕食を食べ
今日はビールも飲んでおやすみなさい

 

 


今日のツッコミ

すごい天文学が発達していたはずなのに絵はかなり雑な星々

f:id:likedislike:20161006092107j:image

 

第22日目 勉強していてよかった自慢


9月29日 エジプト ルクソール

 


今日もかなりゆっくりの観光
その中で勉強しててよかったと思った小さい自慢が3つ

 


朝起きると、とりあえずボブマーリーホテルを探しに行く
明るくて心の余裕もあったのかすぐ見つけられて、昨日間違った理由もしっかりわかった

 


ボブマーリーホテルにチェックインして、とりあえず昼飯を探しに行く
エジプト請求が横行しているので、いろいろな店でジュースなどの値段を聞きまわる
ぼろぼろ出てくるエジプト請求
そんなところでは買ってあげません

 

 

昼飯を買う時に自慢1つ目
ここエジプトはアラビア語の国
そのため数字がアラビア数字、全くわからん
それではレストランとかのエジプト請求に負けると思ったので、移動中のバスからナンバープレートを読んで勉強

 

昼飯を買う時にアラビア語表記しかない店に行った
店員は英語もそんなに話せない
いろいろ商品を聞いてハンバーガーを頼むことにしたのだが、値段は6ポンドという
それでアラビア語メニューで金額を見せてもらうと4.5ポンド
やりやがったなこいつ
しかし!筆者は数字は読める!
指摘すると何事もなかったかのように笑って握手される
そこらへんがよくわからん、エジプト請求
とりあえず数字が読めてエジプト請求を1つやっつけました

f:id:likedislike:20161006024520j:image

 

 


さあ昼飯も食べて次はカルナック神殿
遺跡自体は列柱室がかなり見応えがあった
花開くようにと少し反り返っているあたりが素敵

f:id:likedislike:20161006024609j:image

f:id:likedislike:20161006025814j:image

f:id:likedislike:20161006025909j:image

 


そして自慢2つ目
筆者フランス語も少しわかる
フランス語のガイドの説明も聞けてしまう
自分でガイドを雇っているわけではないのだが、他の人のガイドを聞く
英語で他人のガイドについていくと、タダ聞きされてるとわかるが
まさかこのアジア顏がフランス語を話せるとは思うまい
ということで日本語のガイドブックを開きながら、しれっとフランス語ガイドを聞く
Merci beaucoup

 


最後の自慢は、エジプトの古代文字ヒエログリフ
詳しく何書いてるかわからないが
たまにどんな内容を書いてるかわかる時がある
少し遺跡の楽しみが増えました

 


この日はそのあとぶらぶら辺りを歩いて夕日を見たり、ホテルの屋上でゆったりして寝ました
いい気分で眠れた夜だった

f:id:likedislike:20161006025933j:image

f:id:likedislike:20161006024704j:image

 


今日のツッコミ

これで同じ5ポンド

f:id:likedislike:20161006024730j:image

 

第21日目 エジプトの楽しみ方、ボブマーリー

 

9月28日 エジプト アスワン→ルクソール

 


この日はついにアブシンベル神殿
そのあとイシス神殿に行って
夜の電車で次の街ルクソールに移動
いろいろあって疲れる日でした

 


朝3時半ロビー集合なのに1時間前ぐらいに宿の人に叩き起こされる
まだ寝れるのに
元銀行員の日本人が一緒
ここアスワンからアブシンベルまでは車で3時間程度
移動の車内は全寝
気付いたらアブシンベルまで到着!

 


眠くて眠くてぜんぜんそんなテンションではなかった
しかしアブシンベル神殿で一気に目がさめる
迫力がすごい
何度も写真で見るけど実物の重みに圧倒されるタイプの建造物

f:id:likedislike:20161005232318j:image

f:id:likedislike:20161005232321j:image

 


この神殿はラムセス2世のための神殿
外にいる大きい人4人ともラムセス2世
中にはあと9体もラムセス2世の像
こんなに自分を作って恥ずかしくないのか
建設途中で、あれ?ちょっと作りすぎじゃない?とか思わなかったのか
いや、思っているまい、こいつにまつわる神殿はエジプトにもっとある

 


アブシンベル観光を終えてアスワンに戻る
車中爆睡

 


予定より1時間遅れの2時前にアスワン到着
次は一緒いた日本人と次はイシス神殿に行く
タクシーで南に下り、そこから少しボートに乗って神殿を目指す
小さい島に立つ神殿である

 

ガイドブックに載っているタクシー代、ボート代の何倍もした
いろいろ聞きまわってこの値段
インフレが進んでるのかな

 

そしてボートでは値段でかなりもめた
なんとか勝ったのだがそれでもクソ高い

 


変な気持ちのまま神殿を回る
神殿自体はそこまで感動することはなかったのだが、小さい島に立つ神殿ということでかなりいい気持ちでリラックスできた

f:id:likedislike:20161005232425j:image

f:id:likedislike:20161005232437j:image

 


思うのだが、エジプトではこういうお金のゴタゴタを含めて観光を楽しむべきであると思う
遺跡はいいけど、人は良くないとかそういう話ではない
こういう人たちが作り上げた遺跡で、もっと崇高な人たちだったらこういう遺跡はなかったかもしれない
エジプト請求などのお金のゴタゴタを抱えたまま見た遺跡の感情がここエジプトでの観光全てなのだと思う
外国人との不和も、壁画や像と同じようにその雰囲気として遺跡の一部となる
それが無理ならここでは楽しめない

 

 


最後にスークをぶらぶらして、ホテルのロビーにて20時発ルクソール行きの電車を待つ

f:id:likedislike:20161005233118j:image

f:id:likedislike:20161005232953j:image

 


ルクソールに着くのが夜中0時ごろ
夜遅くに初めての街を歩くのでびくびくしながら電車に乗る

 


周りの人がとにかく優しい
笑顔でいろいろ教えてくれる
少し緊張がほぐれ夜のルクソールを歩く

 


予定している今日の宿、ボブマーリーホテルまでそんなに遠くないし、外でスマホを出したくないので頭に地図を入れて歩く
迷ってしまいました
一回しか曲がるところないのに迷ってしまいました
ぶらぶら街を歩くのが怖かったので、すぐそこに見つけたホテルに滞在することに
ボブマーリーホテルより高かったのだが、アスワンで止まっていたホテルと同じような価格だったので即決
その分超快適ホテルでした

 


少し今回の迷子の弁明させていただくと、
次の日の朝わかったことなのだが
見せてもらった地図がやはり間違っていた
このホテルの名前がボブマーリーホテル
間違った場所あったのがボブマーリーという名前のクリーニング屋さん
たぶん地図はこのクリーニング屋さんを指していた
なんで1つの街のしかもこんなに近所にボブマーリーが2つもあんねん

 


2人目のボブマーリーにひやひやさせられた夜でした

 


今日のツッコミ

0.25ポンドの釣り銭がないからって

その代わりにマヨネーズをもらう

f:id:likedislike:20161005233047j:image 

 

第20日目 "エジプト請求"

 

9月27日 エジプト アスワン

 


この辺からエジプト人の本性に迫りだす

 

朝起きてゆっくりとアスワンの観光地を巡る
目的はこの辺の民族ヌビア人にまつわるヌビア博物館、切りかけのオベリスクの2つ

 


ホテルからゆっくりと30分ほど歩いてヌビア博物館へ
人がいない
筆者含めて客は3人
内容はまあまあ
面白かったことといえば
警備員に写真撮るためのチケットが必要だとふっかけられたこと
払いません
エジプト人はこういうことばっかりしてきよる
外人は何もわからないだろうって

f:id:likedislike:20161005225339j:image

f:id:likedislike:20161005225349j:image

 


さらに少し歩いて
切りかけのオベリスク、に到着
岩から切り取ろうとしてる最中のオベリスクが見れる
ここはもう筆者しかいない
ガイドブックで見たとおりでした

f:id:likedislike:20161005225846j:image

 


その後お昼を食べて、ホテルのロビーで休憩

 


前日に約束していたとおり
日本人3人でナイル川を渡りながら夕日を見に行く
片道1ポンド
川の上から夕日を見ることが目的なのですぐ戻ってくる
またさっきのような話だが、帰りは5ポンド請求される
払いません

f:id:likedislike:20161005225836j:image

 


勝手にこのような現象を"エジプト請求"と呼びます
エチオピアでも外国人価格とかをふっかけられることはあったけど、エジプトではこれが多種多様
今後もこの実録エジプト請求をお伝えしていきます

 

 


素敵な川渡りをして、夕食を食べる
さらにもう1人日本人が加わり
4人でビール飲みに
元新聞記者世界一周、元銀行世界一周、143家国料理人、筆者の4人
なんて未熟な筆者
その分お話はめっちゃ楽しいです

 


次の日は朝3時半にホテルのアブシンベルツアーに参加する
だから早めにおやすみなさい

 


今日のツッコミ

博物館で黒王号!

f:id:likedislike:20161005225740j:image